農薬系防蟻剤は有効期限5年です!

農薬系防腐防蟻剤の持続効果は「最大で5年!」です。
「日本しろあり対策協会仕様書」の11ページをご覧ください。「・・維持管理上 5 年を目途に再処理を行う。」と明記されています。5年ごとに「再処理をしないと無処理状態ですよ!」と、「農薬系の業者さん」から、再施工を奨められるます。
 実は、私も「エコボロンPRO」と出逢う前に、再施工を勧められ・・「ボラれ?」ました!!こちらでご笑覧下さい。
つまり、農薬系の防蟻剤は「5年間”揮発し続けている!”」ということになります。恐い!!
しかし、「5年しか持続効果のない農薬系防蟻剤では」、下図のように5年を経過した壁の中や柱は、再施工不可能なので、無処理の状態にならざるを得ない!のは明白です

 

 

防蟻業者は築5年後、あなたの家に「再処理しないと無防備ですよ!」と再施工を強く奨めにきます。
 でも、実際には、壁の内部は手が出せませんし、床下や基礎についても断熱材が施工されていますので、”農薬”を塗布できるのは床下の一部にしかすぎません

私の家にも、ちょうど5年後に来ました。(農薬系の防蟻業者さんは、再施工でこそ利益を確保されますので、ちゃんと要再施工日を、データーで管理されているのです!)そして半日の作業で、支払った金額が18万円+2.6万円(床下炭設置分・・)=20.6万円!です。
当時は私も無知でしたので、業者の言われるままに支払ってしまいました。
出来れば事前に見積を取るべきですし、その際必ず、「エコボロンで再処理してください。」と言ってください。
エコボロンなら一度施工すれば、再施工の必要はありません。原料が鉱物のホウ酸塩ですから、一旦木材に含浸したエコボロンは、揮発しません、変質しません。半永久的にその位置に留まり続けます。
 問題は農薬系の防蟻剤です。再施工をするといっても、実際にどの範囲まで処理できるか?ということです・・・。
上述のように、壁の内部は再処理は不可能です。さらに、お施主様が生活されている環境に農薬系の防蟻剤を噴霧するのはなんとしても避けなければならない状況です。
ですから、私達は「最初が大切だ!」と、新築時にエコボロンを強くお勧めしております。
エコボロンなら人畜には無害ですが、腎臓のない昆虫は死滅します。一旦施工すれば揮発・変質しませんので半永久的に防腐・防蟻効果を維持できます。
 農薬系の防蟻剤認定協会やそのしがらみで、良いとはわかっていてもエコボロンを採用できない農薬系防蟻業者のくびきから解き放たれて、エコボロンPROの採用を広くお奨めしております。
エコボロンPROをご使用いただくためには、こちらをご覧ください。
 どうしてもお近くでエコボロンPROを施工していただく業者さんが見つからない場合には、弊社(河野)にご連絡ください。貴方のお住まいの近くの業者さんをご紹介させていただきます。