WB工法大臣認定とは?

3年4ヵ月の申請期間を経て2006年8月に国土交通省大臣から、当時の建築基準法施行令の第20条の7
「WB工法は、室内換気を具備せず最も不利な条件下において一時間に0.5回以上の換気に相当する透過を認める」という内容で認定を頂きました。
大臣認定取得までの経緯については「WB工法、国土交通省大臣認定「20条の7」の経緯」をご覧ください。・・・会話の内容まで再現されています・・・。
【認定番号 RLFC-0001】

但し、国はこの認定をした「平成18年8月11日」の3か月後には、この「20条の7」の内容を変更して、新たに、全く「同じ内容で!」「20条の9」を作りました!!
この「事実」は、「何?」を意味していとる思われますか・・!!
これが、「大手優先の」国の住宅行政の現実です!
ウッドビルドとしては再度「第20条の9」の認定を求めてゆきます・・。
こちらのWikiペディア(の下段186行)の表にも「国土交通大臣認定居室」として、記載されています。